充填機という機械を使って、麻婆豆腐のパウチ充填作業の生産性を向上させませんか?

麻婆豆腐のパウチ充填を効率化したいという方に、充填機のご使用をおすすめします。
麻婆豆腐はレトルト食品の代表格として非常に人気があります。温めるだけで食べられるので、仕事が忙しい単身者や共働き家庭にとってありがたい存在ですよね。
そんな麻婆豆腐ですが、パウチに充填する作業を手作業で行うのは、かなり難易度が高いのではないでしょうか?人によって充填量やスピードに差が出やすいうえ、パウチの封をするシール部分に麻婆ソースが付着してしまうと、シール不良の原因になってしまいます。

「人による充填量やスピードのバラツキをなくして、生産効率を上げたい!」
「シール不良の問題を解決したい!」
とお考えの方に、充填機のご使用をおすすめします。

充填機メーカーナオミでは、麻婆豆腐のパウチ充填には、パズル充填機の粘体仕様(RD703+RU01)という機種をおすすめしています。パウチをパウチホルダーにセットしてスイッチを押すと、設定した量がパウチに充填されるという仕組みになっています。充填量はあらかじめ機械に設定しておくので、誰が作業を行っても、同じ量を一定のスピードで充填することができます。

手作業だと麻婆ソースを鍋からすくってパウチに充填する人、パウチを持つ人、二人がかりで行っておられるところもあるのではないでしょうか。充填機を使うと、二人で行っていた作業を一人で行うことができるようになります。

麻婆豆腐の場合、豆腐はくずれやすいのであらかじめ手作業でパウチに入れておき、その後、充填機で麻婆豆腐のソースを充填する、という手順で作業を行います。パズル充填機には計量ユニットが付属しており、豆腐の重量を考慮したうえで、設定した重量までソースを充填することができます。

パウチの口をしっかりと開いた状態でパウチホルダーにセットすれば、シール部分に麻婆ソースが付着するということはなく、シール不良の問題を防ぐことができます。
もし、麻婆ソースがノズルからポタポタと垂れてしまう場合は、シャット弁というオプション品のご利用をおすすめしています。シャット弁はノズルの先に取り付けるキャップのようなもので、シャット弁をつけると、ノズルからの液だれがピタッと止まります。

充填機を使ってみたいという方は、ぜひ一度ナオミにお問合せください。
最適な機種をご提案するため、直接お伺いして、無料でデモンストレーションをさせていただくことも可能です。

パズル充填機 粘体仕様(RD703+RU01)の詳細はこちら

ナオミに資料請求・問い合わせをする

TOP