みたらし団子のタレをかける作業が、充填機という機械を使うことで楽になります

みたらし団子にタレをかける作業を、充填機という機械でできるのを知っていますか?
充填機を使うと、作業を速くできるだけでなく、見た目もキレイに仕上がります。また、熱いタレに触れてやけどをしてしまうこともありません。
みたらし団子のタレがけを手作業で行っておられる方に、作業を効率化できる機械(充填機)についてご紹介します。

みたらし団子のタレは、甘辛くておいしいですよね。子どもからお年寄りまで、家族みんなで楽しめる、日本ならではのおやつだと思います。
そんなみたらし団子ですが、タレをかける作業は結構大変なのではないでしょうか。
団子にまんべんなくタレをかけるのは難しいですし、丁寧に作業をしようと思っても、熱いうちにかけてしまわないと、タレが冷えて固まってしまいます。急いでかけようとすると、今度はやけどをしてしまう危険があります。
みたらし団子のタレはベタベタしているので、こぼしてしまったり、容器のふちについたりすると、拭き取るのも一苦労です。

「もっと生産量を増やしたいけど、手作業で生産できる量には限界がある…」
「人手不足の時代、新しいスタッフを雇いたくてもなかなか応募がない…」

そんな方におすすめしたいのが、充填機という機械です。充填(じゅうてん)というと、容器に液体を注ぐというイメージがあるかもしれませんが、団子にタレをかけるという作業を行うこともできます。
充填機をご使用いただくと、一定量のタレを、素早く団子にかけることができます。

充填機メーカーナオミの機種でいうと、みたらし団子のタレの充填には、パズル充填機の粘体仕様(RD703+RU01)がおすすめです。
ホッパーにタレを入れ、スイッチを押すと、一定量を充填することができます。
充填機をご使用いただくと、手作業による量のバラツキをなくし、やけどの危険性を減らすことができます。機械といっても、充填する量はあらかじめ設定しておくので、スイッチひとつで作業が可能です。機械が苦手な方でも、安心して作業していただけます。

「平型ノズル」というオプション品をご使用いただくと、団子全体に平たく均一に、タレをかけることができます。

また、こちらのパズル充填機ですが、液体や粉体にも対応が可能できる仕様となっています。
季節によって異なる商品を作りたい場合、たとえば、秋冬はみたらし団子、夏場は水ようかんを作りたいといった場合には、液体用のユニットに付け替えるだけで、水ようかんの充填ができるようになります。

充填機を使ってみたいという方はぜひ、充填機メーカーナオミまでお問合せください。
無料で充填テストやデモンストレーションをさせていただくことも可能です。

パズル充填機 粘体仕様(RD703+RU01)の詳細はこちら

ナオミに資料請求・問い合わせをする

TOP