飲むゼリーが入っている容器の名前とは?

飲むゼリーが入っている容器に名前があることをご存知ですか? 皆さんも一度は見たことがある容器だと思います。ウ○○ダーインゼリーの容器といえばピンとくるかもしれません!

飲むゼリーに使われてるあの容器の名前は、「スパウトパウチ」と言います。
ゼリーが入っている部分がアルミの場合は「アルミパウチ」と言ったりもします。(ウ○○ダーインゼリーがまさにそうですね。笑)

最近は、調理みそやジャム、化粧品などもスパウトパウチで販売されることが多くなってきました。
今までは、味噌ならパック、ジャムなら瓶が主流だったのに、なぜスパウトパウチが増えてきているのでしょうか?

理由は大きく分けて2つあります。

1つ目は物流コストの安さです。
パックや瓶に比べてスパウトパウチは軽く、かさばら無いので、物流コストが安いんですね。

2つ目は消費者の生活様式の変化です。
昔は家族の人数が多かったので、瓶・カップ・袋など容量が大きい容器が主流でしたが、最近は単身世帯も多くなり、1回に使用する量が減っています。なので、冷蔵庫で保存がしやすい+単身世帯にとっても使いやすい量を販売するとなると、スパウトパウチがもってこいなんですね。スパウトパウチであれば、冷蔵庫に入れてもかさばらず、保存もしやすいので、あえてスパウトパウチに入っている商品を買う消費者も増えてきているようです。

ただ問題なのは、瓶やカップに比べ、スパウトパウチは口が小さいので手作業での充填が難しい…!!!(盲点ですね…)
なので、スパウトパウチへの充填には、充填機という機械を使用される方が多いです。

実際に充填機を使って、スパウトパウチにゼリーを注入している様子がこちら。
充填ノズルの口径を細くすることで、スパウトパウチの口から充填を行うことが可能です。

スパウトパウチへの充填についてご興味のある方は、ぜひ一度充填機メーカーナオミまでお問い合わせください。営業マンが最適の機種をご提案させていただきます。

スパウトパウチの充填に最適な機種はこちら

資料請求・お問い合わせはこちら

TOP