焼き肉たれのビンのふたを閉める作業を、打栓機を使って効率化しませんか?

焼き肉たれのビンのふたを閉める作業は、機械を使うと効率化することができます。
バーベキューや焼き肉に、たれは欠かせないですよね。スーパーに行くと、甘口や辛口といった味の他、有名焼き肉店で使っているタレなども売られています。
焼き肉たれのビンのふたは、押し込んで栓をするものが多いですが、ふたを押し込むのには大きな力が必要です。人によって力の強さが異なるので、ふたの閉まり具合に差が出たり、作業スピードが違ったりすることがあります。また、毎日作業をしているうちに手を痛めてしまうなど、作業者にとっての負担も大きいのではないでしょうか。

焼き肉たれのビンのふたを閉める作業を効率化したいという方に、打栓機のご使用をおすすめします。充填機メーカーナオミは、充填機の専門メーカーですが、焼き肉たれのビンなどのふたを閉める機械(打栓機)も取り扱っています。

ナオミの打栓機は、ふたを閉める作業を、半自動で行うことができます。
軽くふたを載せた状態のビンを台の上に置き、スイッチを押すと、ふたがビンに押し込まれます。(打栓機は家庭用の電源(100V)でご使用いただけますが、エアーコンプレッサーのご準備が必要となります。)

大きな力が必要となる、ふたを押し込む作業を機械で行うので、作業が格段に楽になります。また、作業者によって、ふたの閉まり具合にバラつきが出ることもなくなります。作業スピードが一定になり、生産効率を上げることができます。

これからの時代、人手不足の問題はより深刻になるといわれています。
作業効率を高め、作業者の負担を減らすために、ふたを閉める作業を機械化されるのはいかがでしょうか?

打栓機に興味のある方はぜひ、充填機メーカーナオミまでお問合せください。
充填機メーカーナオミでは、お問い合わせをいただいた後、実際にご使用になるボトルとキャップを使ってテストを行い、適切な部品の選定をさせていただきます。

打栓機の詳細はこちら

ナオミに資料請求・問い合わせをする

TOP