液体充填機で、泡立ちやすい液体を充填する時、泡立ちを防ぐ充填方法とは?

液体充填機を使って、ボトルや瓶に液体を充填する時、悩みの種の1つが「泡立ち」。特に、洗剤やシャンプー、醤油やポン酢などの、表面張力が大きい液体や、界面活性剤が含まれる液体を充填する時は、困りますよね~。
充填機メーカーの株式会社ナオミに、お問い合わせしてくださるお客様の中でも、「洗剤やシャンプーをボトルに小分け充填したいけど、泡が立って困っている」という声をよく聞きます。

そんな方に、充填機メーカーナオミがオススメしている方法が、2つあります。
1つ目は、液体の充填物を、容器に添わせながら充填する方法です。普通に液体を充填するよりも、泡は立ちにくくなります。

しかし、1つ目の方法でも、液体が泡立ってしまう場合はあります。
そんな時は、充填機に昇降ノズル装置を付けて、液体充填をするのがオススメです。

ナオミの昇降ノズル装置

この装置は、ノズルが上下するシステムになっているので、長い充填ノズルが充填物の液面を追従し、液体の泡立ちを最小限に抑えることができます。(この画像の昇降ノズル装置は、ナオミ充填機との連動のみ可能な装置となっています。)

実際に、昇降ノズル装置を使用しながら、液体充填をしているシーンはこちら。

液面に合わせて、ノズルが動いてくれるので、液体の泡立ちを最小限に抑えてくれます。
もし、液体充填の泡立ちでお困りの方は、このような装置を使われてみては、いかがでしょうか?

昇降ノズル装置の機種詳細はこちら

TOP