シュークリームのクリームを注入充填するには、充填機を使うと簡単にできる!

今日は、シュークリームのシューの中に、どうやってクリームが注入充填されているかを、お話したいと思います。みなさんがシュークリームを食べるとき、あのシュー(皮)の中に、どうやってクリームやカスタードクリームをを入れるのか、不思議に思ったことはありませんか?
実は、「充填機」という機械を使って、シューの中にクリームを注入しているのです。

ひと昔前までは、絞り袋の中に、カスタードクリームを入れて、その先端に、太い針のようなものを付け、力いっぱい握って、クリームを注入していました。

しかし最近では、クリーム充填機で、シューの中にクリームを注入充填するのが、一般的になっています。

クリーム充填には、主に、ロータリー式充填機という方式の充填機を使います。ロータリー式充填機は、ロータリーと呼ばれる、二枚の羽をグルグルと回転させながら、充填物のクリームを押し出します。

そして、充填ノズルの先に、直径8mm程度の針のようなノズルを付け、シューに針を指し、カスタードクリーム等のクリームを充填します。
ですので、シュークリームをじっくり見ると、横にクリームを充填した後の小さな穴が空いているのが、確認できると思います。(次回シュークリームを食べる機会があれば、クリームを注入した後に空いた小さな穴を、ぜひ探してみてくださいね。)

実際に、シューにカスタードクリームを注入充填している様子がこちらです。

株式会社ナオミでは、動画でも使用していただいている、パズル充填機(RD703)という機種が、このクリーム充填に最適です。パズル充填機を使うと、わずか3~4秒程度で、正確な量のクリームをシューの中に注入充填することができます。
手作業だと、作業者の勘に頼らざるおえないので、正確な量で充填するのは難しいんですよね・・・。

また、このパズル充填機(RD703)は、決してシュークリーム充填の専用機ではありません。
シュークリームやゼリー状のもの、マヨネーズやあんこなども充填することが可能なので、汎用性の高い充填機です。また、食品だけではなく、女性が使うクリーム状の化粧品などの充填にも対応しています。

シュークリーム、または化粧品クリームの注入を行いたい方は、株式会社ナオミまでお気軽にお問い合わせください。

クリーム充填機について、今すぐ問い合わせをする

TOP