いくらの充填作業を効率化したい!いくらの瓶・カップ充填には充填機がおすすめです。

今日は、いくらの充填作業を効率化する方法について、お話したいと思います。
スーパーに行くと、瓶詰めやカップ詰めしてある、いくらを見かけたことがあると思いますが、瓶やカップに、どうやってイクラを充填しているのかと、疑問に思ったことはありませんか?

実は、いくらの充填作業は、作業者の方が、いくらをお玉ですくい、おおよそのグラム数を瓶に入れ、そのいくらの入った瓶を軽量秤に乗せて、足りない分を小さなスプーンで少しづつ足していくという、ものすごく神経を使う手作業で、瓶詰め充填をされているのです!

なぜ、こんなに手間のかかる作業をするかというと、みなさんご存知のとおり、いくらは高価な原料だからです。
目分量で行ってしまうと、グラム数がバラバラで原料がムダになります。かといって、手でいくらをつかんで、手詰めしようとすると、いくらが潰れてしまって、このやり方も原料がムダになってしまうんです・・・。

ただし、いくらは、8月末から10月末までの2~3ヶ月が生産のピークです。ピークが2~3ヶ月しかないので、その間に、いかに多くのイクラを瓶詰め・カップ詰めできるかが、生産者の勝負どころなのです。

そこで、そのような手間のかかる充填作業を、なんとか効率的に行いたいという方は、充填機という機械を使用することをおすすめしています。充填機メーカーナオミの中で、いくらの充填でオススメしている機種は、小型ピストン充填機です。

小型ピストン充填機を使用することで、1つの瓶やカップに、いくらを手作業で入れるには、20秒程度かかっていたものが、わずか4~5秒程度で正確に充填できます。しかも、高価な食材であるイクラを、ほとんど潰すこともなく充填することが可能です。

特に、いくらの瓶容器は、やや縦長で口が小さいので、手作業で入れるには、相当な技術が必要です。
その点、ピストン充填機であれば、ノズルを瓶の中に差し込んで充填できるので、いくらがこぼれたり、瓶の縁について、ベタベタになったりすることがありません。

充填機メーカーのナオミでは、この7月から新型ピストン充填機「エアーピストン充填機:PSZ500EC」を発売しました。このエアーピストン充填機の特徴は、電源不要のオールエア駆動なので、水気の多い水産物加工の現場でも、漏電・感電などの危険性がありません。なので、電気関係の心配することなく充填作業ができ、いくらを充填される水産加工現場でも、安心してお使いいただけます。

また、エアーピストン充填機の特徴は、徹底的に構造をシンプルにしたため、充填物が触れる部分が、全てワンタッチで脱着できます。しかも工具レスです。

だから、いくらを充填し終わったら、充填物(いくら)が触れた部分だけを、ワンタッチで取り外して、そのまま洗い場に持って行けるので、洗浄性が抜群なのです。

ピストン充填機は、どうしても部品が複雑で、洗浄が難しいイメージがありますが、充填機を使っていただく方にとって簡単でストレスフリーな充填機を目指し、今回エアーピストン充填機を開発しました。

充填機メーカーナオミまで、お問い合わせいただければ、営業マンがエアーピストン充填機を持って、現場まで行かせていただきます。また、現場でデモンストレーションも行わせていただくことが可能ですので、まずはお気軽に「いくら充填」について、お問い合わせください。

充填機メーカーナオミに、今すぐ問い合わせをする

TOP