カレーの袋充填を、手作業よりも効率的で安全に行うために、充填機を使ってみませんか?

今日は、カレーを袋に充填する時に、効率的かつ安全に充填作業を行う方法についてお話したいと思います。
カレーは、袋に注入する場合が多いのですが、カレーの充填を行っておられる現場の多くは、大きな鍋にカレーを炊いて、鍋にあるカレーを、お玉ですくい、手作業で充填されており、安全に袋に入れるのは、結構大変な作業なのです。

なぜなら、熱々のカレーをお玉ですくう時に、カレーがはねたり、作業をされている方にかかったりして、ヤケドをする可能性があり、危険だからです。

そこで、充填機メーカーのナオミは、充填作業を効率化で安全に行う方法として、充填機を使って機械化をすることをオススメしています。

ナオミの場合、計量充填機(カレー充填機)がカレーの充填機として最適です。この充填機の特長は、熱い釜から直接カレーを吸い上げることができるので、袋を汚すこともなく簡単に小分け作業が実現できます。作業される方に、カレーが飛ぶ危険性もなくなります。

実際に、カレーの充填をしている映像がこちらです。

また、カレーの充填は、こんな場合もあります。まず、袋に大きなお肉などの具材を入れ、その袋にカレーのルーを注入します。

後からカレーを充填する場合、お肉の重さにはバラツキがあるため、手作業の場合は、作業をされる方が、全体の最終的な重さを考えながら、熱々のカレールーを少しずつ袋に充填する必要があります。(出来上がった商品は、全て同じ重さになる必要があるからです。)

ただ、手作業で行うと、作業される方々によっても、バラツキが出ますし、神経を使う作業なので、作業される方の負担が大きいのです。そういったお悩みを抱えておられる方にも対応できるように、ナオミの計量充填機(カレー充填機)は計量式です。

このカレー充填機は計量式のため、お肉の重さに応じて、カレールーを、何g充填すればよいかを、自動的に行ってくれるので、作業でカレーを注入するよりも、非常に効率が上がります。

このように、カレーを袋に充填される方で、手作業か充填機を導入するかで迷われている方は、効率面はもちろんですが、作業をされる方の安全性も考慮されたうえで、充填機を選ばれるのが良いのではないかと思います。

カレー充填機について、今すぐ問い合わせをする

TOP