カップシーラーとトップシーラーの違いとは?充填後の包装手法についてご紹介します。

いろいろな食品を、充填機で充填するところまでは、今までたくさんご紹介してきましたが、今回は、充填後の包装手法の中の「カップシーラー」や「トップシーラー」についてご紹介します。

コンビニなどでプリンを買って、さあ食べようとしたら、まずはカップ容器の上にピタッと張り付いているシールのようなものをはがしてから食べますよね?
あのシールのやり方を一般的に「カップシール」と呼んでいます。
プリンがカップシールなら、スーパーで豆腐などを買ったときの四角いトレー容器の上に貼りついているシールの包装方法を「トップシール」呼びます。トレーなので「トレーシール」とも呼びます。

そして、それぞれの包装する機械を「カップシーラー」「トップシーラー」「トレーシーラー」と呼びます。
ただし、この3種類の呼び方に厳密な規定はないようで、各メーカーの規格で呼び名も変わってくるようです。

イメージ的には、プリンなどの丸くて深さのある容器の場合はカップシール、豆腐などのある程度の深さで四角いイメージのものをトップシール、トレーのような比較的浅い(樹脂製のお皿)ものはトレーシールと分けられているようにも思います。あくまでもイメージですが、、、。

ゼリーなどのトップシールがパンパンになるくらい中身が入っている製品がありますよね。
どうやって、あんなにいっぱいまで入れられるのか不思議だと思いませんか?

あれは熱くて液状のゼリーをカップに満タンまでいれる、もしくは溢れさせるまで入れて、そのままシール(包装材9を押さえつけて、一気に熱圧着や超音波圧着をしているものが多いようです。実際に充填作業とシール圧着を見るとオモシロイですよ。

充填機メーカーナオミは、充填機の専門メーカーなので、シーラーは取り扱っておりませんが、充填機と包装機はよく連動しますので、充填機についてや包装方法について迷われている方は、一度ご相談ください。

充填機の製品一覧はこちらから

ナオミに問い合わせ・資料請求をする

TOP