多連型充填機(大型充填機)とは、どういう充填機なの?~多連型充填機を導入されたお客様事例~

今回は、多連型充填機(大型充填機)についてご説明します。充填機メーカーナオミは、小型充填機を主力製品としていますが、実は、食品工場の大量生産にも対応できる大型多連充填機も取り扱っています。

多連型充填機とは、1回の充填で、複数のノズルから、多数の容器に1度に充填できる機械です。
実際に多連型充填機を導入されたお客様のお話を例に出すと、あるお菓子メーカーの工場では、四角い大きな容器の中が、4列×3列の12個の仕切り上になった容器に液体充填をされていました。

多連型充填機を導入される前は、手作業で行っておられました。ベルトコンベアの横に、充填作業をされる方がたくさんいて、全員がチャッキリを持ち、充填されていました。12個の容器の穴に、1つ1つ手作業で充填をしながら、精度を保つというのは、速度的にも至難の技です。

また、その容器が、ベルトコンベアで容器が次々と流れてくるので、小型充填機を使用としても、12個を充填する間に、時間が経過してしまい、コンベアから次の容器が流れてきてしまい、とても非効率でした。

さらに、そのお菓子メーカーでは、その商品が非常に人気があり、販売を伸ばしていたのですが、工場が地方にあるということもあり、充填作業をされる方の人数が確保できず、苦慮していました。

ただ、地方では人口減少により、充填作業者の人数を確保することが難しくなり、商品の生産を継続することが難しくなってきたことから、今回多連型充填機の導入のご相談を受けました。

そこで活躍するのが、多連型充填機です。この場合は、充填ノズルが12個あり、容器がその充填ノズルの下にくると、12個のノズルから、一斉に一定量が充填物が充填されます。そのため、1日に2~3万個の充填が可能になります。

また、お客様のご要望としては、ベルトコンベアそのものは、すでに設備としてあるので、コンベアごと設備とする大型機では、投資額が大きくなりすぎるため、従来のコンベアはそのまま使い、充填機のみを後付けするという必要がありました。

そこで、充填機メーカーナオミでは、マルチ型多連充填機を用意し、後付けの施工を実施しました。

従来ある設備に、新しく充填機を追加するというのは、タイミングの同期をとったり、スペース的にも問題があったりする場合があるので、かなり難しい仕事です。ただ、ナオミでは、そのような後づけの充填機を設置するノウハウを多く持っていますので、そのお菓子メーカーの工場にも、無事に設置することができました。

多連型充填機が稼働してからは、充填作業者は0人になり、その分、今まで充填作業をされていた方に、他の仕事をお願いできるようになったそうです。

工場長にも、「計画的に生産ができる」と大変喜んでいただいています。また、現在の充填機の能力には、まだ余力があるので、お菓子の増産を必要とされた場合でも、現時点での150%くらいまでは、今回納めた機械で対応できるので、生産が増えた場合でも安心です。

ナオミの多連充填機に興味のある方は、ぜひ一度ご相談ください。

充填機メーカーナオミの多連型充填機はこちら

TOP